メンタリング研究所では、心理臨床のプロが、「あなた」が変わることをオーダーメードでいたします。

メンタリング研究所..

Beingワークショップって何?


人が生きる上での課題が3つあります。まず、根底にBeing、そして、Doing、Havingとなります。Beingとは、存在そのものの価値感覚や 生きがいといったもので、満足して生きる基本となる部分です。その基盤の上に、仕事といった行動する取組みDoingがあり、その結果としての資産、つま りHavingがあります。仕事での真の成功を望む方の多くが、自身の生き方(Beingの点検)が必要となっているにもかかわらず、その点検が次の飛躍 につながっていくにもかかわらず、たいていの方がDoingにとどまりがちです。


下の詩にある高き山に登る取り組みとは、仕事に成功するといったDoingの取り組みであり、高き山とは資産といったHavingを示します。成功という 山を高くすることは、深き谷を作ることになります。深き谷とはなんでしょうか。私共は「悲しみ」ではないか、と思うのです。高き山を持つ人には、同時に深 き悲しみの谷はないか? 気づきのある人は、深き谷の哀しみに枕をぬらすことはないか? 周囲の人々に深き涙をもたらしてはいないか? その痛みは誰も分 かってもらえずに生きてきたのではないか? その深き痛みを、私共は「Beingの危機」と名づけています。そのBeingを確認し、心の痛みを解消する (solution ワーク)取組みがワークショップです。この取組みを通して、「心の被害者」から自身の心を和らげ、 人生の主体者としての「ここちよい気持ちの中での人生」へと間口を広げ、「人生の勝利者」となる生き方をご自身で見つけられてはいかがでしょうか。


— 山 —     茫愁


智恵の山、高ければ
かなしみ哀愁の、谷深く
深き谷、かすみ霞に包み
唯独り、山は聳(そび)ゆる

(補詞)
高い山程 谷は深い
そして深い谷には霞がかかる
それと同じ様に
智恵の悟りが高く成る程
悲しみの谷は深く成るのではなかろうか
その大いなる悲しみを
悟りの霞でそっと覆(おお)うて
独り超然と
賢者は
聳(そび)え立って居るのではなかろうか。


このページのトップへ

メルマガ登録

メールアドレス(必須)

メンタリング研究所では、心理臨床のプロが、「あなた」が変わることをオーダーメードでいたします。