平成最後の福祉・介護専門職プロ講座に寄せて【 福祉での「間違った面接」から変化を起こす効果的な面接を身につけるためには(その1) 】

04.20

こんにちは、堀之内です。

 先日、今期の「福祉・介護専門プロ講座」(全4回)第2回を開催しましたが、今期は平成から令和へと時代をまたぐ開催となりますね。長年続けてきた福祉・介護職向けのスキルトレーニングですが、毎回進化しているところもあれば、もうしっかり一つの学びのモデルとして確立されているところもあり、令和の時代を迎えても私はトレーナーとして揺るがずにこのスタイルでやっていくでしょう。

いつもと変わらず進めていく軸はありつつも、やはり私のトレーニングなのでお出で頂いた方のニーズに応じて、福祉・介護の世界にありがちな間違った努力を修正しつつ、プログラムはオーダーメイドで展開しました。

さて、この分野で”ありがちな”間違った面接というのはどういうことかというと、

●相手の愚痴を聞いてあげることが相談だと思っている(愚痴聞き症候群)

●相手からの質問に必ず答えを与えなくてはいけないと思っている(専門家だから症候群)

といったものです。

みなさんは、こういう面接が当たり前だと思っていませんか?

当たり前だから、そのやり方を続けておいでではありませんか?

では簡単な質問があります。

「本当にその面接で変化は起きていますか?」

なかなか変化がおきないな~、あぁ今日も長い面接だったな~、面接が疲れるな~、といったことになっていませんか?

それではまずくありませんか?

ならば、効果的なノウハウを身につける時期ではないでしょうか?

私のトレーニングにおいでください。

人の変化を起こす面接法をみにつけていただきます。

誰でも初めはビギナーです。成長のスピードも人それぞれです。そして誰にでも未解決な内的な問題はあって、それを解消しないとうまく聴けないということもあります。

しかし、トレーニングを継続していればうまくなります。

ただ、どういう面接がプロ面接か…を正しく手順を身につけなければ、どんなにトレーニングを積んでもあなたのスキルは正しく発揮されません。

<錆びついてしまった、私の面接>

 さて、久しぶりに私のトレーニングにお出でになった参加者の方が仰っていたのは、「錆びついてしまった」ということでした。<続く>

堀之内 高久

◆事務局よりお知らせ①◆

福祉・介護専門職プロ講座」は全4回のシリーズですが、各回ごとのご参加が可能です。

 お申込みは こちら からお願いします。

■対象となる方

 福祉・介護領域の対人援助職で、特に日常業務で人材育成に携わっている方にお勧めです。

■日程(時間はすべて10時開始~16時終了)

 第1回 3月16日(土)※終了しました
 第2回 4月13日(土)※終了しました
 第3回 5月11日(土)
 第4回 6月15日(土)

■会場

 品川区立総合区民会館きゅりあん
   JR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線 大井町駅下車。徒歩1分

■受講費

 全4回 105,300円(税込)
  1回   31,320円(税込)

◆事務局よりお知らせ②◆

今年もBeingワークショップを7~8月にかけて

   全国5ヶ所(雫石、箱根、宮崎、  淡路、広島)で開催いたします。

すでにお申し込み受付を開始しております。

詳しくは こちら をご覧ください。

※お陰さまで宮崎会場はすでにお申し込みが定員に達しました。キャンセル待ちとなっておりますので、ご了承くださいませ。

◆事務局よりお知らせ③◆

『援助専門家向け研修』の開催が決定しました。

5月18日(土)に大分で開催します。詳しくは こちら をご覧ください。

関連記事

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る