Beingワークショップ2021「心のサバイバル」へのお誘い

お申し込みは こちら

 

        Beingワークショップ2021         

「心のサバイバル」へのお誘い

 

 2020年の参加者の声 

【受講直後】

 毒親への未解消な感情からの離脱
  自分の苦しみの源はこれだったのか この後遺症にふりまわされてきたのか これからの自分はこの苦をサバイバルできる!!!

 参加していること自体が「楽しい」
  個性ある一人一人との深いかかわり 一瞬ごとに今まで感じたことのない楽しさ… 何かが起きているという感じ

 納得と自己尊重の時間
  わずか数日のセッションなのに、自分に何がおきたんだろう!!!

最近届いたメッセージ

 危機的出来事があっても大丈夫だった
  今までのワークショップ経験が活きている とっさの一言で人を救うことができた

 選択を迫られても、納得のいく決断ができた
  「あぁ、よかった」心からの安堵を得た

 目標の8割を達成できた
   課題がはっきりしたから、チャレンジできた。 また、夏のワークショップでヒントを得よう

 

 2021年Beingワークショップのテーマ 

「自分の無意識と対話し、味方につけ、 さらに私らしくなる」

朝、目覚めた時にこんなことはありませんか?

 ・寝る前に悩んでいたことを、寝ている間も悩み続けて起きる。
 ・逆に、寝る前に考えつくしても答えが出せなかった問題について、
  目覚めた瞬間「こうすればいい!」という解決の手がかりが見つかっている。

 クリエイティブな方々、挑戦を続ける立場におられる方々は、睡眠という無意識下で解決のヒントやアイデアを得るという、不思議でポジティブな経験を一度はお持ちだと思います。  私たちは自分が自由意思で物事を決定していると思って生きています。ところが最近の脳機能研究の知見はそれを否定しています。脳科学では「意思は脳で勝手に生じている」ことがわかってきました。

 脳にはその人ごとの揺らぎがあり、その揺らぎが一定値を超えた時に決断をしている。
 私たちは無自覚だけども何らかのリズムを持っていて、意識や意思はそれに従っている。
 こういう「無意識」のはたらきがわかってきたのです。

 「私は私の人生を主体的に、意思を持って生きている」と思っていてる方々には、にわかには信じがたいかもしれません。けれども、無意識によって動かされているのが私たち人間なのです。“これまで通りの意思決定のやり方”では、意思決定を自分の意識がほとんどコントロールできていなかった…このことにあなたはどう対処したいですか?

 

 

 Beingワークショップ開催決定 堀之内メッセージ 

~心理学の<無意識>には、2つの側面がある~

 1つ目は『シャドー』という影の部分で、それが生き方にブレーキをかけているという面です。『今ある自分が生きられなかった私』という存在が無意識の中で生きており、あるとき“魔が差す”かのように顕在意識に作用し、それを自分ではコントロールできないということが起きます。  今、コロナ禍ではこのシャドーに意識的な部分の心が支配されています。周りで起きている現象に「なんか変…」と感じていても、シャドーの支配に気づいたり自覚できている人は多くありません。むしろ、思考をシャットダウンさせ、目の前に滝が迫っているのを見て見ぬふりで川下りを続けている人が増えています。
 こんなふうに多くの人が自分の気づきを麻痺させているのはなぜでしょう。答えは簡単です。何も変化せずとも生きてはいけるからです。
 ところが、『自己成長モデル』と言われる一部の人たちは、変化のための一歩を踏み出すことができます。今のまま流されて滝に落ちるのではなく、解決のために自身の行動を変えるという意思決定ができる人たちです。

 ・今までとは何かが違ってきている…
 ・それが何なのかはわからないけれども、確かに変だ…
 ・自分も変わっていくときなのではないか…

 こんなふうに感じたり、ふと頭にこういう考えがよぎるのが“気づき”です。こういう気づきがある方は、変化のためのノウハウの存在を知ったり、人が変化するプロセスを知るチャンスがあれば、ご自身の変化もとてもスピーディに起こります。  さあ、そこで2つ目の無意識の側面です。 それは『無意識の生産性…無限の知恵の宝庫』です。  1つ目の『シャドー』はあなた自身に否定され、封じこめられ、“亡き者”にされている自分の一部です。その『シャドー』と和解し、付き合い方やコントロール方法を学び、味方につけた姿こそ、本当のあなたの全体像なのです。今まで亡き者として葬られていた部分にこそ、これからの変化を助けてくれる知恵が埋まっています。  心の第3層、第4層の深い部分との向き合い方は、誰かが身につけてくれるものではありません。同時に、一人でもがき続けていれば身につくというものでもありません。でも「自分が変わる」という気づきと意思をお持ちの方だけが進める道があります。  私は2021年のBeingワークショップで、特に次のような悩みでお困りの方に道を得ていただくお手伝いができると思います。

■意欲の低下、かかわりの減少、能率の悪さ、「撤退」の心理、前向きさの喪失              
  …これらはコロナ禍で増大したシャドウのコントロールされた結果です。
■周りの家族、チーム、組織、社会への我慢…これ以上はもうイヤだ!
■これまで上手くいっていたし、今も上手くいっているけど、何か少し変だ…と感じる。

 深い洞察と痛みの癒し、そして、ゆるしの基本を学び、苦痛からの解放の手法を体得してください。 このご案内を読まれている方々は、わずかな情報にピンとくるセンスがおありです。ぜひBeingワークショップでご自身のワークを受けられ、他の方の変化にかかわりながら学んでください。愉快に楽しみ、遊び、今年も『心の棚卸し』と『体が喜ぶ美味しいもの』…ご自身にご褒美を差し上げる機会を皆様が得られることを願っています。  ワークショップとは…何をどうするのか…どんな方法なのか…自分はそこでどうすればいいのか…全くの初心者もいらっしゃると思いますがどうぞご安心ください。 誰にでも“始め”があります。私は28歳で心理療法の合宿ワークショップに「訳も分からず」に参加しました。「訳も分からず」が奏功し、これが心理臨床を40年以上やり続けるという成果を生みました。 お出でをお待ちしています。小さな勇気をご自分に。

 

 

 

 

 

日程決定!

 Beingワークショップ 2021年 夏 

 

◆雫石コース◆(3泊4日)※終了しました           

日  程:7月7日(水)14時30分開始~7月10日(土)正午(多少延長する場合があります)

場  所:雫石プリンスホテル

受講費:275,000円 (税抜価格250,000円)

宿泊費:お部屋を選択することができます。

 ■スタンダードフロア 43,210円(3夕朝食、税・サービス料・入湯税込)

 ■スーペリアフロア     48,160円(3夕朝食、税・サービス料・入湯税込)

◆箱根コース◆(2泊3日)終了しました            

日  程:7月14日(水)13時30分開始~7月16日(金)正午(多少延長する場合があります)

場  所:箱根ハイランドホテル

受講費:209,000円 (税抜価格190,000円)

宿泊費:  50,300円(2夕朝食、税・サービス料、入湯税込)

◆宮崎コース◆(2泊3日)※キャンセル待ちとなります            

日  程:8月7日(金)13時30分開始~8月9日(月)正午(多少延長する場合があります)

場  所:シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

受講費:209,000円 (税抜価格190,000円)

宿泊費:  47,300円(2朝食、税・サービス料込み)

◆淡路コース◆(3泊4日)                   

日 程:8月25日(水)14時30分開始~8月28日(土)正午(多少延長する場合があります)

場  所:グランドニッコー淡路

受講費:275,000円 (税抜価格250,000円)

宿泊費:  58,080円(3朝食、税・サービス料込み)

◆広島コース◆(2泊3日)ご要望より日程を変更しました。         

日  程:9月3日(金)13時30分開始~9月5日(土)正午(多少延長する場合があります)

場  所:グランドプリンスホテル広島

受講費:209,000円 (税抜価格190,000円)

宿泊費:  37,950円(2朝食、税・サービス料込み)

●新型コロナウイルス感染対策について
※安心した環境でお過ごしいただくために、PCR検査を弊社負担で行います。
館内ではマスクの着用・手指の消毒をお願いいたします。広い部屋を確保しています。
充分な換気を行います。手指消毒剤を準備しています。お部屋は禁煙・シングル利用です。喫煙・ツインなどをご希望の方は申込時にお申し出下さい。
*受講費には、茶菓代・懇親会費を含みます。
*少人数での質の高いワークショップとするために、予定数に達し次第締め切らせて頂きます。
*例年、キャンセル待ちとなり、参加ご希望の方をお断りする状況が生じております。ご承知おき下さい。
録画・録音はご自身の研鑽としてのみ許可いたします。
他で公開なさることは厳禁とさせていただきます。

 

Beingワークショップ 2021年 夏

            申し込み方法             

■申込み要項:

1.お申込みはファックス、ホームページ、メールでお申込みください。

2.お申込み確認後、申込み受け付けのお知らせをいたします。 (万一届かない場合はご一報下さい)

3.お申し込み後の他コースへのご変更は、希望するコースの参加人数が定数に満たない場合可能です。

4.途中参加、途中帰宅は他の参加者へのトレーニングに影響いたしますので、必ず全日程をご参加下さい。

5.ワークショップでの講義内容やスキルにつきましての著作権などは、弊社に留保されます。

6.キャンセルの場合、振り込みの未済にかかわらず、必ずご連絡ください。

7.キャンセルの場合は下記のキャンセル料をいただきます。

       14日前~8日前 受講費の20%    

     7日前~2日前 受講費の30%

       前日・当日 受講費の100%

  ★宿泊につきましては、各施設の規定となります。

8.ご登録いただいたメールアドレスにドメイン指定受信を設定されている方は、@mentoringlabo.jpと指定していただくか、指定受信の設定を解除してください。ご登録者様の都合等により受信できなくなった場合、お申込み確認ができない可能性がございます。 ご不明な点については、メールまたはファックスにてお問い合わせください。 なお、返信に数日かかる可能性があります。予めご了承ください。

 

■講師:堀之内高久プロフィール

1953年生。筑波大学大学院修了。元横浜国立大学保健管理センター准教授。臨床心理学者。大学発ベンチャー(有) メンタリング研究所・スーパーバイザー。心理・福祉領域、さらにビジネス関係でのメンタリングで活躍。多くの経営者・コンサルタント、政治家など、志の高い人財開発に邁進。

■主催:

Being・Doing・Havingを支援する企業
大学発ベンチャー(有)メンタリング研究所
〒141-0031  東京都品川区西五反田5-7-3ユーナス104
Tel.03-3495-4852 / Fax.03-3495-1152 info@mentoringlabo.jp http://mentoringlabo.jp

 

2020.7.18 Beingということ箱根beingワークショップ動画

カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る